キリスト教式の葬儀に参列する際の注意点

  • 永代供養について知ろう

    • お墓と言えば、先祖代々から続くものであり、その一族が守っていくというイメージがあります。

      しかしながら近年では、少子高齢化、核家族化が進んでいることや、子供がいない夫婦、生涯独身者などが増えている関係からお墓を受け継ぐ後継者がいなくなっているという問題が起こっています。


      また後継者がいても、地元から離れてた場所で生活を営んでいる人が増えているため、お墓の管理をすることができないのが現状です。



      そんな問題を解決するために今注目されているのが永代供養です。
      お墓の継承者がいないまたはお墓参りができない人に代わって、お寺や霊園が供養、管理を永代に渡って行ってくれる埋葬方法です。



      メリットとしては、お寺や霊園が責任を持って対応をしてくれるので安心できるという点です。



      またお墓を立てるよりも費用を抑えることができます。



      宗旨宗派は問われませんので、基本的に永代供養を行っているところであれば受け入れてもらうことができます。



      遺骨を保管する納骨堂には、ロッカーのように個別のスペースに安置されるものや仏壇のように二段に分かれていて上段に位牌、下段に遺骨を安置するものもあります。

      近年では登録カードを差し込むと遺骨や位牌が出てくる機械で管理されたものなど様々なタイプがあります。

      永代供養は確かに管理の手間も省け、費用も抑えることができますが、他の人と一緒に安置されます。



      ですので、永年供養を考える際は、どの形式にするかなどの契約面の他に残された家族のことを考慮しながらよく話し合って決めることが大切でしょう。

  • 関連リンク

    • お墓と言えば、先祖代々から続くものであり、その一族が守っていくというイメージがあります。しかしながら近年では、少子高齢化、核家族化が進んでいることや、子供がいない夫婦、生涯独身者などが増えている関係からお墓を受け継ぐ後継者がいなくなっているという問題が起こっています。...

    • 当たり前のことですが、不幸は突然やってきます。近親者が病気や高齢でである程度の覚悟をしていた方はいらっしゃるかもしれませんが、喪主になり葬儀を行うところまでは生前になかなか考えが及ばないものです。...