キリスト教式の葬儀に参列する際の注意点

  • 永代供養を行ってくれる菩提寺との信頼関係

    • 永代供養を続けていくためには、菩提寺との信頼関係を保ち続けることが何よりも大切です。菩提寺は檀那寺とも呼ばれ、古代インドのサンスクリット語を語源とする用語となります。檀家と菩提寺の関係が特に密接となったのは江戸時代のことで、庶民は幕府の命令によって強制的に地元の寺院の檀家となりました。



      かつては寺院が学校の役割も担いながら、先祖の追善供養も行っていたために永代供養の文化が庶民の間にも広まりました。



      永代供養に関する風習は、宗派や地方ごとに違います。

      多種多様な違いはあっても、追善供養を定期的に行うことについては同じです。

      さらに、寺院の堂宇を再建したり修復するときには寄進も行う伝統があります。



      墓の維持のために護持会費や永代使用料などを支払いますが、檀家であれば寺院建築を維持するための責任も負うことになります。



      寺院へ収めるお金は永代供養料だけではなく、様々な節目でお布施が必要になります。

      追善供養の際に塔婆を立てるときには、塔婆料を支払うことになります。

      現在では板塔婆が主流ですが、中世の時代には石材を使った板碑が流行したこともあります。
      塔婆の形式は変わっても、古代インドの時代からの伝統はしっかりと守られています。



      寺院に永代供養を行ってもらうために、常に仏法を尊重する精神を持っていることも重要です。



      多くの檀家は出家はしていませんが、仏門の伝統を守る義務はあります。


      仏教の伝統を継承するためにも、寺院へは頻繁に足を運ぶことが大切です。

  • 関連リンク

    • 永代供養を続けていくためには、菩提寺との信頼関係を保ち続けることが何よりも大切です。菩提寺は檀那寺とも呼ばれ、古代インドのサンスクリット語を語源とする用語となります。...

    • お墓と言えば、先祖代々から続くものであり、その一族が守っていくというイメージがあります。しかしながら近年では、少子高齢化、核家族化が進んでいることや、子供がいない夫婦、生涯独身者などが増えている関係からお墓を受け継ぐ後継者がいなくなっているという問題が起こっています。...