キリスト教式の葬儀に参列する際の注意点

  • 現代の墓の永代供養に関する諸問題

    • 永代供養に関する諸問題は、現代社会において無視できない事柄であります。

      本来であれば、人間の魂は死後にはあの世へ向かうものですが、墓を作る習慣が根付いています。



      昔の墓は土葬に対応し、豪族などの権力者以外であれば自然に土に還して忘却にまかせたものでした。

      ところが現在の形式においては、深成岩に分類される花崗岩の墓石を中心に据えるようになったのです。



      花崗岩は大変に長持ちする石材でありますが、1万年以上も墓を維持することは極めて困難となります。


      現代の墓事情においては、1万年どころか50年であっても墓を維持することが難しくなっています。

      永代供養のために墓地を建立したとしても、墓の継承者がいなくなれば墓石が撤去される事態が発生しています。
      江戸時代から守り続けてきた墓石を管理する人がいなくなり、寺院の片隅へと移動される例もあります。このような事態はどこの家でも起こる可能性がありますが、生前に十分な対応ができない状況で多くの人が困惑しています。
      近年になって流行している永代供養墓の形式においても、永遠に供養を続けてもらえるとは限りませんが、50年ほどで廃れる可能性は極めて低くなります。



      少なくとも数百年間は維持してもらえるため、墓の継承者がいなくても困ることがなくなります。



      1万年も経過すれば魂はすっかりと昇天しているはずですから、特に心配することはありません。



      永代供養墓は墓地不足が深刻な都市でも需要があり、今後も人気が高まる期待があります。



  • 関連リンク

    • 当たり前のことですが、不幸は突然やってきます。近親者が病気や高齢でである程度の覚悟をしていた方はいらっしゃるかもしれませんが、喪主になり葬儀を行うところまでは生前になかなか考えが及ばないものです。...

    • 永代供養を続けていくためには、菩提寺との信頼関係を保ち続けることが何よりも大切です。菩提寺は檀那寺とも呼ばれ、古代インドのサンスクリット語を語源とする用語となります。...